2015年8月22日

これだけは知っておきたい!地盤改良工事の実態とは?

地盤改良工事の必要性について

地盤改良工事が注目を集めていますね。地盤改良工事が注目を集めた理由は、2011年以降大きな地震が日本列島を襲っているからです。それのみでなく今後も海沿いの地域を中心に大きな地震が来ると言われているからです。津波が来てしまえばいくら耐震性を高めてもどうにもなりませんが、津波に関係がない地域では揺れによる損害をできるだけ事前に防ぐために、地盤を整えるために地盤改良工事が必要になるのですね。特に新築住宅を建てる前は地盤を調べておく必要がありますよ。

地盤改良の種類について

地盤改良をする場合にはその地盤を改良する必要があるかどうかを調べなければ闇雲に地盤を改良してもあまり意味がありませんね。地盤改良には通常100万円単位の費用が掛かるわけですから、地盤改良工事が必要ということが世間で騒がれていたとしても、根拠もなしにやらないほうがいいのです。しっかり地盤調査をした後に必要だと判断したらするべきです。地盤改良をする場合、表層改良工法と柱状改良工法、そして鋼管杭工法があります。

それぞれの工法の特徴とは

表層改良工法とは、地盤の上表の部分がやわらかいだけの土地で、1メートルから2メートル掘るとしっかりとした優良地盤が出てくる場合に利用します。これに対して、柱状改良工法と鋼管杭工法は軟弱地盤だけで2メートル以上の深さがある時に利用するのですね。どちらも重い建物には強いですが、マンションやビルを建てる時には鋼管杭工法を利用するべきです。なぜならコンクリートの柱状改良工法と、鉄の鋼管杭工法とでは耐久力が全く違うからです。

筋交いとは家を建てるときに使う言葉で、壁部分などに木をXになるようにつけることにより強度を増す方法です。