2015年8月22日

自分のお店を開業するなら「居抜き物件」で決まり!

そもそも居抜き物件って何?

居抜き物件とは、前の物件を持っていた人が飲食店を経営していたために、内装をそのままにした状態で売りに出されている物件の事なんです。これから飲食店を開業しようとしている人にとっては、こんなに恵まれた環境はありません。何しろ今まで飲食店として利用されていたお店をそのまま利用する事ができますので、メンテナンスも十分されている事がほとんどなんですよ。しかも、テーブルや椅子などの備品も交渉次第では安価で手に入れる事ができますから、初期費用も大きく抑えることが出来てしまうんですね。

居抜き物件ならお店をすぐに開業できる!

これから飲食店を経営しようとしている場合、普通の物件を借りてしまうと内装工事や家具の搬入、調理道具の購入などで時間と費用がかかるのが当然ですよね。しかし、居抜き物件を利用すれば、すでに内装は完成している状態ですので、すぐに開店することが可能なんですよ。もしも、自分の店に必要な物が別にあれば、その商品を購入するだけで開業の準備は整ってしまうでしょう。これから飲食店を気軽に始めたい方には、居抜き物件は経済的にも非常にお得なんですよ。

前のお店の良いイメージを引き継ぐ事ができる

居抜き物件を購入するにあたっては、前の店の評判も大切なんですよ。前の店が美味しいお料理を出していたり、常連さんが多いお店だった場合、同じ場所に出店したお店に足を運んでくれる方も多いでしょう。そして、次から次に口コミで噂が広がり、広告を打たなくても自然とお客さんが集まる繁盛店に成長する事も夢ではなくなりますね。そのためには、店内のレイアウトをよりお洒落な物にしてみたり、提供するお料理の質にこだわる等、飲食店としての努力が試されることになるでしょう。

店舗物件の売買を望んでいるならば、不動産会社に相談すべきです。数多くの実績がある不動産会社ならば信頼できます。