2015年8月25日

賃貸物件に入居する際の家賃交渉のポイントとは

交渉するタイミングを検討する

できれば、賃貸物件に住むのであれば毎月の家賃を少しでも抑えたいと思いますよね。特に家賃は、敷金や礼金と違って毎月かかってくるものですから、たとえ5000円くらいの違いであっても、1年間で60000円も違ってくることになるわけです。そこで、賃貸物件に入居する時に家賃交渉をしてみるという方法があります。特に重要になってくるのは、どのタイミングであれば交渉しやすいかということです。タイミングとしては、4月以降がベストになってきます。理由としては、この時期に入居者を逃してしまうと、かなりの間空室が出てしまう恐れがあると大家が危惧するからです。

家賃交渉はあまり人気のない物件がねらい目

中には家賃交渉をして、毎月の家賃を低く抑えることに成功したという人もいます。しかし、どのような賃貸物件でも家賃交渉をすれば、家賃を低くしてもらえるわけではありません。では、どのような物件であれば、家賃交渉が成功しやすいのかというと、希望とする賃貸物件の家賃が周辺の家賃相場からみて高く設定されている場合やあまり人気がなく空室が目立つ賃貸物件であれば、家賃交渉がしやすいということが言えます。賃貸物件の大家にとって空室リスクを超えるリスクはありません。ですから、空室を防ぐためであれば、家賃を多少低くしても空室を減らすことが予想されます。

家賃交渉の減額は最小限にする

家賃交渉というのはこれから入居する時に、賃貸契約をする時に行うのが通常です。この場合、ある程度のテクニックが必要になってきます。最初の時点ではまず不動産業者に交渉ができるのかを確認しておくとよいでしょう。もしも、家賃交渉の余地があるということになれば、どの程度の家賃の減額を要求するのかということが重要になってきます。そこで、減額の額については、数千円程度にとどめておいた方が良いでしょう。いくら空室リスクを避けるためとはいえ、あまり無理な要求をしても避けられてしまう恐れがあるからです。

函館市の賃貸マンションは、防犯セキュリティとしてテレビモニター付きのインターホンが取り付けられていて訪問者の顔を映し出してくれます。